世界の蒸気機関車 > 思い出の動物 > もっとちょうだい
〜 思い出の動物 〜

トップページ
搭乗ゲートNo.82
思い出の一枚
思い出の動物
出会いの美女
最近の掲載誌から
■アジア
中国
台湾
北朝鮮
インド
ベトナム
ネパール
ミャンマー
インドネシア
フィリピン
パキスタン
カンボジア
■ヨーロッパ
ポーランド
シリア
ドイツ
ウクライナ
チェコ

ヨルダンハシェミット王国
ボスニアヘルツェゴビナ
トルコ共和国
ユーゴスラビア(セルビア)
ルーマニア
■中・南米
キューバ
エクアドル
アルゼンチン
■アフリカ
ケニア
ジンバブエ
南アフリカ
作者・写真集
無火機関車
日本
帰国
掲示板
モバイル版
モバイル版

■もっとちょうだい

インド マハーラーシュトラ州 アルヴィー支線 アルヴィー 終着駅アヴィラに到着した機関車は機回しをして給水をしている時だった。午後の出発まで2時間あるので私もカメラを置き木陰でチャイを飲んでいた。

機関士はキャブ内で昼食を食べている。チキンを食べているのか口の中から骨殻を出しては外に捨てていた。そこに野良犬が捨ててある骨殻をパクつきにやって来た。

機関士はさらにほおばっては骨殻を投げている。この野良犬はストレートに骨をキャッチしまるで曲芸のようだ。このシーンを撮影しようとカメラを持って近付いたが肝心の骨殻がもうない。

機関士は「もうないよ!」と石炭を投げつけ犬を追払った。ふて腐れたような顔で野良犬はヨタヨタと消えて行った。つかのまのお昼のショータイムは幕を閉じた。

トップページ
搭乗ゲートNo.82
思い出の一枚
思い出の動物
出会いの美女
最近の掲載誌から
■アジア
中国
台湾
北朝鮮
インド
ベトナム
ネパール
ミャンマー
インドネシア
フィリピン
パキスタン
カンボジア
■ヨーロッパ
ポーランド
シリア
ドイツ
ウクライナ
チェコ

ヨルダンハシェミット王国
ボスニアヘルツェゴビナ
トルコ共和国
ユーゴスラビア(セルビア)
ルーマニア
■中・南米
キューバ
エクアドル
アルゼンチン
■アフリカ
ケニア
ジンバブエ
南アフリカ
作者・写真集
無火機関車
日本
帰国
掲示板
モバイル版
モバイル版


©2000-2007 TSUZUKI Masato - Last Updated 2007-08-29