世界の蒸気機関車 > 思い出の動物 > 早朝の決闘
〜 思い出の動物 〜

トップページ
搭乗ゲートNo.82
思い出の一枚
思い出の動物
出会いの美女
最近の掲載誌から
■アジア
中国
台湾
北朝鮮
インド
ベトナム
ネパール
ミャンマー
インドネシア
フィリピン
パキスタン
カンボジア
■ヨーロッパ
ポーランド
シリア
ドイツ
ウクライナ
チェコ

ヨルダンハシェミット王国
ボスニアヘルツェゴビナ
トルコ共和国
ユーゴスラビア(セルビア)
ルーマニア
■中・南米
キューバ
エクアドル
アルゼンチン
■アフリカ
ケニア
ジンバブエ
南アフリカ
作者・写真集
無火機関車
日本
帰国
掲示板
モバイル版
モバイル版

■早朝の決闘

インドの駅や空港ではやたら牛の姿を目にする。牛は神様的存在だからどこでも自由に放たれている。インド北部では牛の他に猿もよく見かける。猿は食べ物を漁ったり、物を盗んだり嫌われている。列車の到着を待つ中、ここサハランプール駅でも猿被害は日常茶飯事だった。

しかし今朝はいたずら猿を追いつめた勇気ある男がいた。彼の武器は自転車のゴムチューブ。チューブを伸ばし勢いよく猿に向け放つ。見事に命中した猿は「ギャー」と悲鳴をあげたが今度はこの男に対し威嚇しはじめた。

両者の徹底抗戦は続くが、チューブを伸している瞬間にこの猿はスキを見つけ、男に跳びかかり逃げ去った。周りで見ていた客はヤンヤの喝采。この勝負引き分けとみた。つかの間のショータイム、明日の再戦が楽しみである。

インド ウッタルプラデシ州 インド国鉄サハランプール駅

トップページ
搭乗ゲートNo.82
思い出の一枚
思い出の動物
出会いの美女
最近の掲載誌から
■アジア
中国
台湾
北朝鮮
インド
ベトナム
ネパール
ミャンマー
インドネシア
フィリピン
パキスタン
カンボジア
■ヨーロッパ
ポーランド
シリア
ドイツ
ウクライナ
チェコ

ヨルダンハシェミット王国
ボスニアヘルツェゴビナ
トルコ共和国
ユーゴスラビア(セルビア)
ルーマニア
■中・南米
キューバ
エクアドル
アルゼンチン
■アフリカ
ケニア
ジンバブエ
南アフリカ
作者・写真集
無火機関車
日本
帰国
掲示板
モバイル版
モバイル版


©2000-2007 TSUZUKI Masato - Last Updated 2007-04-28