世界の蒸気機関車 > 中華人民共和国 > 柴河森林鉄道
中華人民共和国 柴河森林鉄道
トップページ
搭乗ゲートNo.82
思い出の一枚
思い出の動物
出会いの美女
最近の掲載誌から
■アジア
中国
台湾
北朝鮮
インド
ベトナム
ネパール
ミャンマー
インドネシア
フィリピン
パキスタン
カンボジア
■ヨーロッパ
ポーランド
シリア
ドイツ
ウクライナ
チェコ

ヨルダンハシェミット王国
ボスニアヘルツェゴビナ
トルコ共和国
ユーゴスラビア(セルビア)
ルーマニア
■中・南米
キューバ
エクアドル
アルゼンチン
■アフリカ
ケニア
ジンバブエ
南アフリカ
作者・写真集
無火機関車
日本
帰国
掲示板
モバイル版
モバイル版

■柴河森林鉄道

牡佳線の牡丹江駅から北へ24キロ。柴河駅手前には牡丹江を跨ぐりっぱなコンクリート橋があった。これは森林鉄道の専用橋だった。柴河森林鉄道は全線80キロ、5つの支線がある。17キロほど牡丹江沿ってさらに山間部へ入っていく。1日1往復、旅客列車と区間列車が設定。沿線は木材の他炭坑もあって石炭輸送も行われていた。荷が多い時は重連や中間補機をつける。往年はとっても活発なナロー路線だった。


早朝に沿線で働く林鉄職員と暖房燃料を運ぶ専用列車があった。珍しいワム車改造のDCは自走して行く。


区間列車は10キロ先の二道駅で折り返しすぐ戻って来る。


夕方柴河を出るローリー列車。帰着は早朝になる。


旅客列車は正午に柴河に戻って来た。


石炭採掘場に向かう専用列車。


中間にも機関車を連結して柴河に戻る運材列車。


正午到着の客車の後、続行で運材列車が通過した。結構撮影も忙しい柴河森林鉄道だった。

トップページ
搭乗ゲートNo.82
思い出の一枚
思い出の動物
出会いの美女
最近の掲載誌から
■アジア
中国
台湾
北朝鮮
インド
ベトナム
ネパール
ミャンマー
インドネシア
フィリピン
パキスタン
カンボジア
■ヨーロッパ
ポーランド
シリア
ドイツ
ウクライナ
チェコ

ヨルダンハシェミット王国
ボスニアヘルツェゴビナ
トルコ共和国
ユーゴスラビア(セルビア)
ルーマニア
■中・南米
キューバ
エクアドル
アルゼンチン
■アフリカ
ケニア
ジンバブエ
南アフリカ
作者・写真集
無火機関車
日本
帰国
掲示板
モバイル版
モバイル版


©2000-2007 TSUZUKI Masato - Last Updated 2007-08-30