世界の蒸気機関車 > 出会いの美女 > インド
〜 出会いの美女 〜

トップページ
搭乗ゲートNo.82
思い出の一枚
思い出の動物
出会いの美女
最近の掲載誌から
■アジア
中国
台湾
北朝鮮
インド
ベトナム
ネパール
ミャンマー
インドネシア
フィリピン
パキスタン
カンボジア
■ヨーロッパ
ポーランド
シリア
ドイツ
ウクライナ
チェコ

ヨルダンハシェミット王国
ボスニアヘルツェゴビナ
トルコ共和国
ユーゴスラビア(セルビア)
ルーマニア
■中・南米
キューバ
エクアドル
アルゼンチン
■アフリカ
ケニア
ジンバブエ
南アフリカ
作者・写真集
無火機関車
日本
帰国
掲示板
モバイル版
モバイル版

■インド

ダージリンヒマラヤン鉄道を楽しんだ私は最後のトイ・トレインを茶畑で待った。ダージリンは紅茶の産地で有名。品質の高いダージリンの茶葉は英国を始めほとんどが海外へ輸出される。収穫期には早いが葉っぱの様子を見にクリシュナさんが現れた。

ダージリン スクム
クリシュナ(仮名) 23歳 家事手伝い独身?
私は彼女の様子を眺めながらトイ・トレインを待った。時たまレンズをクリシュナに向けた。気づいているようで笑みを浮かべている。トイ・トレインがやって来るまで時間がある。仕事も終えクリシュナは家に戻った。

暫くして汽笛が遠くで聞こえた。と、同時にクリシュナさんが茶畑にまた戻って来たのである。これはなんとラッキーか、そのままトイトレインと一緒に撮った。

緊張しているのかちょっとぎこちないポーズであった。別れ際クリシュナさんは「この地では仕事がない、私は都会に行きたいの」と私に話しかけてきた。私は無理だよとしか言うしかなかった。

帰国後、茶畑で列車とクリシュナのカットはいかにも広告ポスターのようだった。最初に隠し撮りをしたカットの方が素敵だった。けどその笑顔はどことなく寂しそうだった。

トップページ
搭乗ゲートNo.82
思い出の一枚
思い出の動物
出会いの美女
最近の掲載誌から
■アジア
中国
台湾
北朝鮮
インド
ベトナム
ネパール
ミャンマー
インドネシア
フィリピン
パキスタン
カンボジア
■ヨーロッパ
ポーランド
シリア
ドイツ
ウクライナ
チェコ

ヨルダンハシェミット王国
ボスニアヘルツェゴビナ
トルコ共和国
ユーゴスラビア(セルビア)
ルーマニア
■中・南米
キューバ
エクアドル
アルゼンチン
■アフリカ
ケニア
ジンバブエ
南アフリカ
作者・写真集
無火機関車
日本
帰国
掲示板
モバイル版
モバイル版


©2000-2007 TSUZUKI Masato - Last Updated 2007-08-30